受託型で余暇を生み出す

フリーエンジニアは、仕事の請け負いをして働いていくのが基本的な仕事の行い方であり、どれだけ多くの仕事を担っていくのかにも自由がある。
そのため、請け負う仕事の種類をうまく選んでいくことによって多数の仕事を同時並行して行っていくことも可能であり、休暇のない生活を送ってより働き、より稼ぐという道を選ぶこともできる。
完成物を納入したり、依頼内容を完遂することによって報酬を得られる成功報酬型の仕事を請け負う場合には、依頼主の職場に決められた時間に通って仕事をする必要がない場合も多く、そういった仕事を組み合わせれば数多くの仕事を担っていくことが可能である。
一方で、一定期間の技術提供を行う受託型の仕事を請け負う場合には、依頼主の指定する職場に決められた時間に通わなければならないことが多く、その職場のリズムに大きな影響を受けることになる。
そういった受託型の仕事を行う場合には他の仕事を請け負いにくいことから、その職場で定められている規定に従って休暇を取るようになることが多い。
そのため、土日を休みとしたり、平日の夕方は残業もせずに帰宅して生活を送ったりするなど、余暇を楽しむ生活が送れるようになるというメリットもある。
フリーエンジニアの性質として、より時間を効率的に使って稼ぎを上げていきたいと考えてしまいがちではあるものの、それが難しい仕事を請け負っていくことによって余暇を生み出していくことも可能なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です