安定性を求めて転職

フリーエンジニアとして働きたいと考える人が目指すものは、やりがいのある現場で活躍したいという目標や多くの資産を築きたいというものであり、これらは互いに繋がりあっている。
熱心に働くことが収入を生み、その収入が仕事へのモチベーションをもたらし、次の仕事や勉強の原動力となるからである。
そして、そのサイクルが繰り返されることによって、フリーエンジニアとして成功のキャリアを進んでいくことができる。
フリーランスをすると収入の安定さについて将来不安がつきまとうことから、望みとしている資産を築くことできたり、期待するほどの仕事が請け負えなくなってきたりした場合には安定収入を求めて転職するのが一般的である。
休暇も満足に取らずに仕事に勤しんできていることも多く、転職に際してはまるで対極にあるような安定職を求める人も多い。
企業の社内SEとして社内システムの運用や保守を担ったり、公務員となったりするのが安定志向の場合のキャリアパスである。
しかし、こういった職種に就きたい場合には、30代の半ば程度までに転職を決意しておかなければ採用枠がなくなってしまうリスクが高い。
一方、転職後にも高収入を求める場合もあり、その際にはリーダークラスで採用されることを目指して転職することになる。
ベテランであることが望まれるため、40代程度まで求人が見つかることが多く、フリーエンジニアとして長く働いてきた場合にはよい選択肢となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です