苦労はやりがいと休暇で乗り切る

会社員を辞めてフリーエンジニアとして食べていこうと決意したら、最初は必死だろう。
将来の収入の保証が全くなくなる中で、がむしゃらにプロジェクトを探し人脈をたどり仕事を得て、懸命に作業をすることで生活をしていけるだけの収入を得ようとするはずだ。
会社員の時と違って、毎日生存競争にさらされている感じがするだろう。
会社員の時にも出世競争は厳しいと感じたかもしれないが、独立した後の生存競争の方がより自分にとって厳しいと感じる人もいるかもしれない。
ただその厳しさは、仕事のやりがいが乗り越えさせてくれるだろう。
フリーになるということは自分で選択した道である。
その道を選ぶ時にまったく興味がない仕事を選ぶ人はいなだろう。
当然、独立後の仕事にやりがいを感じることはできるはずだ。
それが厳しい競争に打ち勝っていく原動力になるのだ。
そうはいっても、人間はアクセル全開で走り続けることはできない。
気が張っている時は大丈夫でもふと気が緩んだ時にそれまでの疲れが一気に襲ってくるという可能性があり、そうなる前にしっかり休暇を取ることが必要である。
プロジェクトに参加する働き方をしている場合は、プロジェクトの合間に長期休暇を入れるといいだろう。
会社員ではできない芸当だ。
また、そうでない場合でも、休暇も仕事の一部ぐらいのつもりで休みを入れていくといいだろう。
仕事と自分自身の管理は、他の誰でもなく自分が行うべきことなのである。
フリーエンジニアにとって、休暇を取ることはメリットが多い。
休みを取ることに不安を感じているなら、ぜひ<フリーエンジニアの長期休暇計画書>を読んで欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です